多くの変化が生まれたポストコロナの時代。
今後の生活者にとって、本当に価値のある商品やサービスとはなんなのでしょうか。
『WELL-BEING(よく生きるためのあるべき姿)!』
これからの市場の創造には、生活者がよく生きるために何を求めているのかという
「WELL-BEING」の考え方が欠かせません。

2021未来創造大規模マーケットデータ

未来の市場や生活者を予測するために必要なのは「事実の変化」ではなくて「生活者の感じているリアリティの変化」を明らかにすることです。
しかしながら、コロナ禍という大きな変化のなかでは「マーケッターの感覚」で生活者を理解することは難しいことです。過去のビッグデータを積み重ねることで行動の変化は見えても、そこから一定の傾向や法則は見えてきません。つまり、これまでの見方とは違う方法で見る必要に迫られているのです。
そこで、未来創造研究会は、新たな視点で、 生活者の感じているリアリティである「WELL-BEING」を理解し、これからの市場の未来創造を目指して、2021年2月、5000人規模の大規模マーケット調査を実施しました。

「2021未来創造大規模マーケットデータ」とは? 

  • 社会心理学の考え方であるSocial Realityを応用することで、コロナ禍で変化したWITH/AFTERコロナの市場の動きが理解できます
  • 「 WELL-BEING 」や多様な「健康」に対する意識を客観的指標で明らかにします
  • どういう生活者が、どういうことに価値「VALUE」を置いて、どういう行動をしているのかを明らかにします

このデータの分析・理解を基にした生活者意識の変化を伴ったエビデンスインサイト(潜在意識)発見のフレームワークで、新たな施策開発を検討することができるようになります。

「2021未来創造大規模マーケットデータ」調査概要
■実施期間  調査① 2021年3月5日~3月10日 / 調査② 2021年3月12日~3月16日
■調査対象者 日本全国の20代~70代男女 5000人
      (性年代10歳刻みで「総務省統計局/H27国勢調査人口等基本集計」に準じて構成
■調査方法   調査①:上記調査対象に依頼配信し、WEBアンケートフォームによる回答集計
       調査②:調査①回答者に追加調査を依頼し、 WEBアンケートフォームによる回答集計

以下のような方にお勧めです!

  • 「WELL-BEING」「健康」の市場に関心をお持ちの方(商品・サービスを提供しているなど)
    • 食品(飲料・食品・健康食品・嗜好品)
    • 運動(スポーツ用品・スポーツ施設)
    • 住居(家具寝具・家電)
    • 美容・日用品
    • 健康管理/医療相談  ……など幅広いWELL-BEING事業領域でご活用いただけます
  • これからの市場のなかでの自社商品・サービスのターゲットの位置づけを知りたい方
  • 自社商品・サービスのターゲットをより深く理解したい、本音の姿を知りたい方
  • 自社の商品や顧客のことだけでなく、市場全体の現状や動向を理解したい方
  • 市場に存在する新たなターゲット層や気づいていなかったターゲット層を理解し、市場を拡大したい方

商品ラインナップ

商品タイプは3種類。ニーズに応じて、お選びいただけます。(これら以外のカスタマイズのご相談も承ります)

メニュー

X