株式会社 応用社会心理学研究所 とは

社会心理学のプロフェッショナル・ネットワーク

「実社会と学問世界とのインターフェースを担う」との思いを共有する若手研究者たちが、自らネットワーク・センターと呼ぶ、まったく新しい形態の組織をつくり、研究室と社会とをダイレクトに繋ごうと考えました。

「21世紀は社会心理学の時代である」という所長の信念、「学問で時代をつくる」というメンバーの理想、それが一つのかたちとしてここに結実したのです。

私たちが暮らす社会は、自らをとりまくさまざまな人々とのダイナミックな関係によって支えられ、ビジネスシーンをはじめとする日常のさまざまな場面で感じるリアリティ( ソーシャルリアリティ )は、社会的なプロセスによって生成されています。

社会心理学はこの社会的プロセスと直接的に向き合う学問です。われわれは、この学問での研究成果を実社会のさまざまなシーンに応用するプロフェッショナル・ネットワークであると自負しています。

株式会社 応用社会心理学研究所(アスペクト)

アスペクト ロゴ

What's New

2024年5月28日
  • ON・I・ON2研修
【SRCのための調査活用セミナー 開催報告】

5月21日開催「SRCのための調査活用セミナー」実施アンケート結果をまとめました。

今回は6組織12名の方に参加いただきました。
本セミナーは意識変革の本質を学ぶシリーズ第2弾。
職場課題の解決に結びつける意識調査を、効果的に展開するための
正しい知識や活用方法をグループワークを交えながら学んでいただきます。
参加された方からも「他労組の方と一緒に行えたのは、
新しい視点に触れることが出来た」などの感想をいただいております。
なお、この調査活用セミナーは、単組単位での開催も可能です。
支部役員の皆さんのアンケート活用スキル向上など、
様々なご要望に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

リサーチレポート


2024年5月28日
  • ON・I・ON2研修
【ON・I・ON2入門セミナー 開催報告】

5月15日開催「ON・I・ON2入門セミナー」実施アンケートをまとめました。

今回は8組織15名の方にご参加いただきました。
本セミナーは、組合活動のあり方を見直し、“参加関与型”の運動にシフトする
考え方を習得していただきます。
参加者の皆さまからは
「組合の立ち位置が理解できた」
「今後の展望のアドバイスをいただけた」
といった感想をいただいております。
セミナーを通じて運動の考え方や労働組合の意義を改めて考えていただき、
日頃の活動の悩みや現状課題の解決にお役立ていただければ幸いです。

リサーチレポート

2024年2月26日
  • お知らせ
【計算社会科学会の公式スポンサーになりました】

この度、当社は、計算社会科学会の公式スポンサーになりました。

計算社会科学会は、日本での計算社会科学の普及・発展を目指し、
経済学、社会科学、情報学などの様々な分野の研究者により
活発に情報共有・議論を行う場を提供することを目的に活動しておられます。
同学会HPより引用)

社会心理学を応用して課題解決を行う当社は、人間行動や社会現象を定量的・理論的に理解しようとする同学会の活動に賛同し、
様々な分野の研究者と連携を深めていくため、この度公式スポンサーになりました。

2024年1月16日
  • お知らせ
【高校生の職場訪問を受け入れました】

2023年12月4日に、山形県立米沢興譲館高校の2年生6名が来社されました。
学校で心理学の研究をされているとのことで、
「心理学とはどのような学問か」
「アンケートをとるにあたってどんなことに注意すればよいか」
といったことに関して、社員に積極的に質問していただきました。

訪問いただいた生徒さんからは、終了後、
「知らなかった事や新しく学べた事が多くあった」
「学校での心理学の研究に役立てていきたい」
などの感想をいただきました。

当社は、「高校生がどのように進学先を決定していくのかというプロセス」や、
「高等教育を経て、就職についての意識が形成される過程」などに関する、
キャリア教育研究にも長年携わってまいりました。

今回、生徒さんたちの職業観形成や心理学研究のお手伝いができたことを、
当社としても大変嬉しく思います。


職場訪問の様子
サブコンテンツ

このページの先頭へ