株式会社 応用社会心理学研究所 とは

社会心理学のプロフェッショナル・ネットワーク

「実社会と学問世界とのインターフェースを担う」との思いを共有する若手研究者たちが、自らネットワーク・センターと呼ぶ、まったく新しい形態の組織をつくり、研究室と社会とをダイレクトに繋ごうと考えました。

「21世紀は社会心理学の時代である」という所長の信念、「学問で時代をつくる」というメンバーの理想、それが一つのかたちとしてここに結実したのです。

私たちが暮らす社会は、自らをとりまくさまざまな人々とのダイナミックな関係によって支えられ、ビジネスシーンをはじめとする日常のさまざまな場面で感じるリアリティ( ソーシャルリアリティ )は、社会的なプロセスによって生成されています。

社会心理学はこの社会的プロセスと直接的に向き合う学問です。われわれは、この学問での研究成果を実社会のさまざまなシーンに応用するプロフェッショナル・ネットワークであると自負しています。

株式会社 応用社会心理学研究所(アスペクト)

アスペクト ロゴ

What's New

2024年1月16日
  • お知らせ
【高校生の職場訪問を受け入れました】

2023年12月4日に、山形県立米沢興譲館高校の2年生6名が来社されました。
学校で心理学の研究をされているとのことで、
「心理学とはどのような学問か」
「アンケートをとるにあたってどんなことに注意すればよいか」
といったことに関して、社員に積極的に質問していただきました。

訪問いただいた生徒さんからは、終了後、
「知らなかった事や新しく学べた事が多くあった」
「学校での心理学の研究に役立てていきたい」
などの感想をいただきました。

当社は、「高校生がどのように進学先を決定していくのかというプロセス」や、
「高等教育を経て、就職についての意識が形成される過程」などに関する、
キャリア教育研究にも長年携わってまいりました。

今回、生徒さんたちの職業観形成や心理学研究のお手伝いができたことを、
当社としても大変嬉しく思います。


職場訪問の様子
サブコンテンツ

このページの先頭へ